薄毛になる

薄毛になる

薄毛になる

薄毛になる、というのは一般的には男性に起こる症状ではないか、と思われているようですが、決して女性に起きないわけではありません。いわゆる「ハゲ」という症状はあまり女性には見かけない症状ですが、決して女性はならない、という事でもありません。薄毛の始まりは髪の毛一本一本が細くなる事から始まります。初期の頃は「なんだかボリュームが無くなった」と言う事から気付くと思われます。髪の毛は細くなるのは多くは加齢による血行不良により髪に届けられる栄養が減ってしまっているからだ、と言われています。この症状にさらに抜け毛が重なってくる事でいわゆる薄毛になってしまうんですね。実はこれらの症状は早期に気付く、もしくは年齢を重ねるとこういう症状が起こってくる、という事の知識があり、それに対処する行動をとっていればある程度は発症を遅らせたり軽くなるように出来ると言われています。少なくとも何もしないで放置する事は症状が進む原因となります。薄毛だけなだまだよいのですが、人によっては円形脱毛症などを起こしてしまう事もあるようです。そろそろそういう年齢かな?と思う人は早くから対処方法を学んで、少しでも薄毛を食い止めるようにするとよいですね。薄毛になってしまうと自分自身も気分が沈んでしまいますからね。更年期に見られる髪の毛の変化は、まずは髪の毛一本一本が細くなってくる、という事です。そして次第に抜け毛が気になり始める人が多くなります。シャンプーの時に抜け落ちる髪の毛の量がこれまでよりも多い、と感じるようになってくると言います。どういうしくみでこのような現象が起こってくるのでしょうか。髪の健康に一番関係が深いのは「血流」と「ホルモンバランス」であると考えられています。とにかく髪の毛にとってたいせつなのは血流で血の流れが滞ってしまうとたちまち髪の毛の質も悪くなります。健康的な髪の毛をキープするのは血流の良さが必要なんですね。ところが年齢を重ねてくると私達の見えない所で血管自体が老化してきます。血管の弾力が弱くなり血液を送る動きが鈍くなるんですね。そのため健康的な髪の毛を育成するための栄養分が十分に運ばれなくなるのです。また女性においては更年期にさしかかると「エストロゲン」と言われる女性ホルモンが急激に減少してきます。その事も髪の毛の生育に大きく影響するんですね。逆に言えばこのエストロゲンが減少し始める時期から更年期が始まる、という事がいえるでしょう。これらの事によりどうしても髪の毛が細くなったり抜けたりすることは避けられない現象となっているようですね。府中にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ