パーマやカラーの施術後のケア

パーマやカラーの施術後のケア

パーマやカラーの施術後のケア

パーマやカラーリングと言うのは、美容室において施術をする時の技術や薬剤の良し悪しといったものも仕上がりに影響する事は確かですが、お客さんが帰宅後どのようなヘアケアをするか、と言う事も大きく影響してきます。ですから美容師の皆さんは特にパーマやカラーリングを初めて施す人に対しては、その後使った方が良いヘアケア製品やシャンプー、ドライヤー、スタイリングの仕方など、色々と教えてくれると思うんですね。多くの人が勘違いしているのが、パーマは架けたらそのカールがいつまでも持続する、とか、カラーはそのままの色が持続する、といった考えです。この考えは正しいケアをすればその通りなのですが、本人が正しいヘアケアを行わなかった場合、その効果の持続力はかなり落ちてしまうと言われています。おそらくパーマやカラーリングをしたその日のシャンプーはしない方が良い、と言われると思います。まだパーマやカラーリングがしっかりと定着していないうちにシャンプーしてしまうと、カールが取れてしまったりカラーの色が抜けて思っている以上に明るい色になってしまったり、と自分が想像していたのとは違う結果をもたらしてしまう事が少なくないのです。ですがそれは実際には美容師の責任ではなく、話を聞き逃していたり、言われた通りにケアしなかったりした自分の責任であることも多々あるようです。カラーリングをする時、特日始めたカラーリングをする人は、まずカラーリングと言うのはどのようなプロセスでどのように染めていくものなのか、と言う事をよくわかっていない人が多いものです。ですから例えば自分が色見本で決めたカラーでお願いしたとしても、地毛の色やその後のケアの仕方によっては色が若干変わってきたりすることもあるんですね。その事については色を決める時に美容師の方からきちんと説明があるはずなんですね。ですが多くの人たちは「この色にしてほしい」と言う事で頭がいっぱいで、きちんと説明が頭に入っていない人が多いものです。その事はけっしてお客さんが悪い、と言うわけではなく最初のうちは仕方のない事なのですが、思うような色にならなかった、とか、数日すると色が抜けてきた、と言った場合にそれば「美容師さんの技量が悪かったから」と言う決めつけで口コミを書いてしまう人もいます。おそらく美容師さんがその口コミを読んだならば「ちゃんと説明したじゃないか…」と残念に思う事もあると思うんですね。そうはいってもお客さんからの口コミに、真っ向から反論する、と言う事は立場上できません。初めてカラーリングをした人の口コミを見る時には、そういうな事情が隠れているかもしれない、と言う事を考慮しなくてはいけませんね。美容室 鶴瀬 美容院 パーマ トリートメント クーポン ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ