鏡越しに美容師と話をする

鏡越しに美容師と話をする

鏡越しに美容師と話をする

美容室で美容師と会話をするのが楽しくて仕方がない、という人もいるかもしれませんが、美容室の鏡に映った自分に対して劣等感を抱いてしまう人は、美容師と話をするのも嫌だ、という人が多いようです。それは美容師と話をしようと思ったら、嫌でも鏡越しに話さなくてはいけないので、普段よりも見劣りのする自分の姿もどうしても目に入ってしまうわけです。普段私達は人と会話をする時には、自分の顔は視界には入りません。ですから自分がどんな表情で相手と話しているのか、という事は意識しないで話す事ができます。ですが美容室で鏡越しに美容師と話をしようと思ったら、どうしてもしゃべっている自分の姿も目の当たりにしなくてはいけません。話しながら「え?私ってこんなに笑い皺が出来るの?」とか「なんだか私って面白くなさそうな顔してしまってる!」と気付いてしまったり、見なくても良いはずの自分自身を目の当たりにしてしまう事になります。みなさんも美容師と鏡越しに喋りながら、鏡に映る自分自身の表情が気になってしまって、ついつい鏡の中の自分と目が合ってしまったりした経験はありませんか?そんななんとなく恥ずかしい状況になるのが嫌で、なんとなく美容師と鏡越しに喋るのは苦手なのだ、と思う人は多いようです。実際の所どうして美容室の鏡だと、自分はこんなに不細工なのか、とか太っているのか、とマイナスイメージになってしまうのか、というのは原因不明なところも有ります。そしてもしかしたら、自宅の鏡よりも美容室で映し出される自分の方が好きだ、という人もいるかもしれません。ですからどのみち実際の自分と美容室の鏡に映しだされる自分の顔というのは、違いがあるという事だけが事実であって、それがマイナスに見えるかプラスに見えるか、というのは本人の感じ方次第なのかもしれません。ですが実際に美容室がどんな鏡を使っているか、という事は大いに関係していて、鏡の質が悪ければ本当に実際の人物を歪んだ感じで写してしまったり、きめが粗い感じで写してしまう鏡も有る様です。みなさんも雑貨店で見たことがあると思いますが、鏡の値段と言うのはピンキリです。おそらくプロが使う美容室の鏡も、値段的にはピンキリで、おそらく質が良いものも有れば悪いものもあるのでしょう。質が良いものの中には、美容師が仕事がしやすい様に映し出すように作られているものもあるのではないでしょうか。その結果お客さんにとっては違和感のある映りになってしまうものもあるかもしれません。結局美容室がどんな鏡を使っているのかという事に左右されている、と思えば気が楽になりますね。八王子 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ