自分で探す人のために出来る事

自分で探す人のために出来る事

自分で探す人のために出来る事

美容室を探す時に人に聞いて評判の良い美容室を探す人ばかりではありません。自分の目で確かめて探すタイプの人もいるはずです。そういう人は町中を歩きながら「こんなところに美容室がある」と気に留めるものです。そういう人の目に留まるような美容室であるためには、外観も他の美容室と差をつける事が必要になってきます。新しい生活のために初めての土地に住む人も多い事でしょう。そういう人はまずは近所をぐるっと歩いてみたりするものです。そうしながら自分の生活に必要なお店などを探して歩くんですね。その時に素敵な美容室が目に留まったら、おそらく「最初はこの美容室へいってみよう」と思う事でしょう。そう思ってもらうためにはありきたりの美容室であったり、美容室でまったく目に入らないような美容室では選んでもらえる可能性が低くなってしまいます。人の目に留まるような美容室にするための工夫と言うのが必要になるんですね。たとえばお店のお前にスタンドタイプの看板を置くのも一つの工夫でしょう。たいていの美容室ではドアのあたりに店名が書いてあるものですが、それだけでは外装によっては美容室であることが解りにくい事も有りますね。スタンドタイプの看板なら歩いているときに目に留まりやすいものです。さらにその看板がオシャレなものであれば「これは何だろう?」と足を止める可能性も高くなりますね。人は「先輩になる」という事は喜ばしい事、として捉えるケースが殆どです。後輩が出来る、先輩になる、というのは誰でもちょっとウキウキするものでしょう。ですから後輩を紹介するキャンペーンと言うのは、確かに特典も嬉しい事ですが、自分が先輩であることを自覚することができる、という点においてもその客さんにとってはちょっと嬉しいものだと思います。ですからそのちょっと嬉しい気持ち、というのは美容室の方でも意識しておいてあげるとよいと思うのです。たとえば実際に紹介された後輩が予約を入れてくれる場合、何も言わないよりは「〇〇さんの後輩の方ですね」ときちんと名前を言ってあげるとよいでしょう。後輩はきっと「〇〇先輩はこの美容室で良くしてもらっているのだな」という好印象につながることと思いますし、実際に美容師から「○○さんの後輩が先日いらっしゃいましたよ」と言われると誰でもちょっと嬉しくなると思うのです。春は誰もがちょっとだけ先輩になる季節です。そのちょっと得意になれる季節に自分を後押ししてくれるような事があるとますます嬉しくなりますからね。そもそも美容室へ行くときにはだれもがその仕上がりを期待してちょっとうきうきしているものです。それがさらに「春である」ということや「先輩になった」という事でうきうきできるお手伝いを美容室も出来る、という事ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ