異性の美容師

異性の美容師

異性の美容師

距離が近くて心配になってくるのはやはり異性の美容師に対して抱く感情だと思います。特に女性のお客さんが男性の美容師に担当してもらった時ですよね。時折事件となるのも男性美容師が女性客にわいせつな行為をした、といったものでしょう。もちろんこのような事件を起こす美容師はほとんどいません。事件の数もわずかですし、むしろ女性客から慕われている男性美容師の方が圧倒的に多いはずです。ですが事件にならないまでも「ちょっと嫌だな」と思って美容室を変えた、というぐらいの事は実は起こっているのかもしれません。それはけっして美容師の方が故意に距離を縮めた、という事ではないかもしれません。美容師にとってはお客さんと言うのはたくさん担当しているうちの一人です。女性のお客さんとの近い距離で接する事は毎日の事なのです。慣れてしまっていると言うか当たり前すぎてその距離感を別段意識しなくなっている事は確かにあるでしょう。ですがお客さんにとってみれば初めての距離感となっているかもしれません。なんだかこの美容師は必要以上に顔を近づけてくる、と勘違いしてしまうケースもないとは限りません。だからこそ必要になってくるのは美容師側の気遣いだと思うのです。あまりにもよそよそしい、というのも逆にお客さんを傷つけるかもしれませんが、どんなに長く担当しているお客さんであってもそこそこの距離を保つのがマナーでしょう。

 

怖い「馴れ合い」

 

美容師との距離が何となく縮まってしまうのは、長く同じ美容師に担当してもらっている時ではないでしょうか。最初は少し距離を置いて施術をしてくれていた美容師も、回を重ねるごとに段々と色々な面で馴れ合いが出てくる事でしょう。それは勿論お客さんと親しくなったから、という良い意味もあるでしょう。最初は少し離れた感じで施術をしていたかもしれませんが、段々と少しぐらいは肩に触れたり顔を近づけたり、という事が当たり前のようになってくる時期があるかもしれません。実際の距離ばかりではなく言葉遣いや会話の内容も、親しい友人であるかのような振舞いに近づいてくるかもしれません。もちろんその事に対してお客さんが不快に感じてはいない、むしろ親しくなることができてうれしい、と感じている事もあるかもしれませんからそういった場合は問題ないかもしれません。ですが段々と距離が近いばかりか失礼にあたるような事が起こってくる事もあり、そうなるとさすがのお客さんもちょっと違和感を持つかもしれませんよね。たとえば途中で他のお客さんの所へ行くのが平気になっている、とか、身体や頭に触れなくてはならない時に「失礼します」といった声掛けを全くしなくなった、というような時ですね。時にはそういった感じになっている事に気付かない美容師もいるかもしれません。

 

Pickup site !!

 

お客様の笑顔を創れる悦びを大事にしております
立川にある美容室
髪にダメージを残らないよう技術・ケア剤には自信があります
大宮 美容室 カット カラー パーマ デジパ メンズ 口コミ
「かわいい、どこで切ったの?」と話題に
城南にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ