法律的に大丈夫なのか

法律的に大丈夫なのか

法律的に大丈夫なのか

最近は特にオシャレな感じの美容室では、まるでカフェであるかのように様々なドリンクや軽食を提供している美容室が出てきました。美容室は髪を整えてもらうだけなのだからそこまでしなくても、という人もいれば、美容室へ行くのはあくまでもアヘスタイルを整える為だから、そこまでのサービスは望んでいない、という人もいるかもしれません。そして気になるのは「そこまでの事を美容室がやっても良いの?」と言う事だと思われます。つまり口にするものを提供する時には何か法律や規則があるのではないのか?という疑問です。これに関しては、そのドリンクや軽食に対して代金を貰っているかどうか、がポイントとなるようです。本当にサービスでドリンクや軽食を提供するのは、法律的に何も問題は無いようです。ですがこのドリンクや軽食のためにお客さんからお金をもらうのであれば、これは問題になるようです。そこでさらに疑問に思うのは、もしかしたら美容室側は最初からドリンクや軽食を提供する事を含んだ料金設定をしているのでは?という事でしょう。明らかに料金内に含まれている、と判断されると法律に触れる可能性もあります。また衛生面などがきちんとされていない場合にも問題視される可能性は十分ありますね。美容室で飲物が提供される時には、お客さんに希望を聞いてドリンクが出される所が多いですが、それと一緒にちょっとしたお菓子がついていることが多いでしょう。ドリンクと一緒に添えられて出てくる事もありますが、飴やちいさなチョコレートなどがお皿にまとめて入っていて、お客さんが好きな時に選べるようになっている所も有りますね。好き嫌いも有りますし不要な人もいるかもしれませんからそういう提供の仕方は良いかもしれませんね。美容室によってはドリンクサービスのタイミングではなく、常時飴などがちょっとしたかごに入っていて、「ご自由にどうぞ」と書かれている所も有ります。こういうスタイルだとたとえカットやヘアセットだけのオーダーでドリンクが提供されない場合でもちょっと口に入れる事が出来るので、お客さんとしては嬉しいかもしれませんね。最近では飴やチョコレートに留まらず、軽食っぽいものを提供するような美容室も増えてきましたね。そういう所で他店と差をつける、という考えなのかもしれません。ですが美容室はあくまでも美容室であってカフェではないのに、こういったものを提供する事に疑問を持つ人もいるかもしれませんね。たとえばそういう軽食の提供には許可は要らないのだろうか?という疑問も出てくかもしれません。二子玉川の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ