ドリンクサービスで効果を出したい

ドリンクサービスで効果を出したい

ドリンクサービスで効果を出したい

美容室の件数と言うのは年々増え続け、圧倒的に美容室に行きたい人が好きな様に美容室を選ぶことができるような時代になっています。そんな中でいかに経営を維持し続けるか、という事は経営者の手腕の問われるところです。他店とどこかで差を付けなくては、お客さんに振り向いてもらう事は難しくなってきます。そこで経営者の中には美容師のテクニックとは全く別の所で差別化を図ろう、という事を考える人もいます。たとえばその一つがドリンクの提供です。当たり前のようにパーマやカラーリングの待ち時間にコーヒーや紅茶が出てくる、というのは今の美容室業界では当たり前のことになってします。それを当たり前では済ませない、という所に注目している経営者もいるようです。まるでカフェのようにオシャレなラテアートを施してみたり、飴やチョコレートではなく、ちょっとしたケーキの様なものを提供したり、といった具合で「あの美容室に行くとこんなサービスがある」と言う口コミが広がるであろう、という事を狙ったりするのです。それは一つの経営者のセンスだと言えるでしょう。もちろんそればかりが目当てになって行く、というのは長くは続かないかもしれません。結果的には自分のヘアスタイルの仕上がりに満足できなくてはならないので、美容師の技術の向上にも力を入れるべきですけれどもね。美容室にてパーマやカラーの待ち時間にドリンクが提供されるのは嬉しく思う人が圧倒的に多いかもしれません。中にはドリンクとちょっとしたお菓子が出される美容室でのティータイムを楽しみにしている人もいるかもしれません。どんな飲み物であれ人が入れてくれた飲み物は美味しく感じられることでしょう。ですがこのドリンクを内心では「そんなに飲みたくはないな」と思う人がいるかも知れない、という可能性も考えておかなくてはいけない、と思うのです。飲みたくなければ出されても飲まなければよい、という話になるかもしれませんが、せっかく美容室側がサービスしてくれている飲み物をまったく口を付けない、というのも失礼に思われるのではないか、という心配をする人もいるでしょうし、何度も「冷めないうちにどうぞ」などと言われていると飲まないわけにはいかなくなる、という事もあるでしょう。飲み物をあまり飲みたくないな、と言う人の中には、特に女性の中でトイレに行きたくなってしまうのを心配して、という人もいます。特に利尿作用のあるような飲物であればそういう心配もあり得ますよね。そのまま理由を言うのも恥ずかしくて、なかなか飲む事も断ることもできなくてそのままになってしまう、というようなケースもあるようです。上福岡の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ