どこまでなら言っても良いのか

どこまでなら言っても良いのか

どこまでなら言っても良いのか

美容室でヘアスタイルを作ってもらった時に、後でちょっと不満に思ったり不都合な事が起きたとしても絶対に取り返しがつかないのは「切り過ぎが」と言う事だと思うんですね。ですが実際にはこの「切り過ぎ」と言う事が不満の内容として最も多いかもしれません。それは逆に「切り過ぎたのはどうしようもない」と思うからこそ、切り過ぎたことに対する不満が大きくなるのかもしれません。ですから「切り過ぎた」と言う事に対して美容師や美容室に不満を言ったとしてもその解決策と言うのは無いに等しい訳です。ですがそこでただ不満を募らせるだけでは残念です。きちんと「ここまで短くなるとは思っていなかった」とか「こんなつもりではなかった」という残念な思いは美容師に伝えても良いのではないでしょうか。そうしておけば次回からは「このお客さんが『このぐらい』と言ったら自分が思っているよりも少し長めに仕上げた方が良いのだな」と言う事を美容師自身が理解する事が出来ると思うんですね。「切り過ぎ」の多くの原因はお客さんが思っている長さと、美容師がお客さんの言葉で理解した長さとがちがっているケースが殆どの様なんですね。つまり美容師との意思の疎通です。うまく意思の疎通ができるようになるには、お客さんがその仕上がりに対してどう思ったか、という事をきちんと美容師が理解しておく必要がありますね。みなさんは、美容室へ行った時ににじっくりとカウンセリングをしてヘアスタイルを決めたにもかかわらず、仕上りがあまり気に入らなかったり、その時には満足しても後日になって色々な不都合な事が起きてきたり、と言う経験がありますか?細かいところを含めれば多くの人とが施術後に何らかの不満やトラブルに見舞われているのではないか、と思います。そういった不満やトラブルというのは、どこまでがクレームで、とこまでが美容室の責任なのか、と言う事は線引きが難しいところです。特に法令などがある訳ではないですから、どこまでを美容室が自分たちの責任だと判断してお客様に対応するか、と言う所はその美容室によります。この美容室では対処してくれたのに、あの美容室では対応してくれなかった、というような事もあるかもしれません。ですが多くの良心的な美容室では、殆どの美容師さんが「何か困った事や扱いにくい事があったらご連絡ください」と言ってくれるのではないでしょうか。そうはいってもなかなか後になって電話をしたり再び来店するのは勇気のいることですよね。ですがせっかく料金を支払い、長時間かけて作ってもらったヘアスタイルです。満足のいく仕上がりにしたい、という思いはそんなに簡単にあきらめなくても良いのではないでしょうか。横須賀 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ